自己破産直前のビットコイン購入が絶対にNGの理由

自己破産の申し立てをする前、もっと言えば借金の返済が困難になって弁護士や司法書士に相談しようと思った時点以降は、絶対にビットコインなどの仮想通貨を購入してはいけません。なぜなら後の自己破産の手続き上で「詐欺破産罪」として処罰されてしまう可能性があるからです。

ビットコインの購入は自己破産の免責不許可事由にあたるか?

ビットコインなどの仮想通貨を購入した人が自己破産する場合、その仮想通貨の購入は免責不許可事由として問題になることがあるのでしょうか?仮想通貨は相場が存在し大きな損失を出すこともありますので、自己破産における資産関係にどのような影響を生じさせるのかが問題となります。

自己破産しても賃貸マンションや賃貸アパートを借りれるか?

自己破産や任意整理などの債務整理を行って借金を整理すると賃貸マンションや賃貸アパートの入居審査で落とされてしまうという話を聞くことがありますが、それは本当なのでしょうか?自己破産等の債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、その信用情報が賃貸契約にどのように影響を及ぼすのかが問題となります。

未払い賃金がある状態で自己破産すると会社にバレる?

勤務先の会社で給料の未払いが発生している状況で自己破産の申し立てをしてしまうと、場合によってはその自己破産していることが勤務先の会社にバレてしまう可能性があります。なぜなら、賃金の未払いがある場合は、その未払い分の賃金が自己破産の手続き上「資産」としての取り扱いを受けてしまうからです。

自己破産・債務整理した後に住宅ローン審査を通す方法がある?

自己破産や任意整理などの債務整理を行った後に住宅ローンの審査を通す”裏技”的な方法はあるのでしょうか?自己破産や任意整理などの債務整理を行って借金を整理すれば信用情報機関に登録されることになりますが、その事故情報の登録期間中に住宅ローンを利用する方法があるのか、検証してみましょう。

自己破産したら賃貸マンション・アパートの保証人になれない?

自己破産などの債務整理を行って借金を処理した場合、賃貸マンションや賃貸アパートの保証人や連帯保証人になることができなくなってしまうのでしょうか?自己破産などの債務整理を行うと信用情報機関に事故情報として一定期間登録されることから、その信用情報が賃貸借契約にも影響を生じさせるのかが問題となります。

生命保険の契約者貸付を利用すると自己破産の免責が下りない?

自己破産の手続きに入る直前に生命保険や医療保険会社が提供している「契約者貸付」を利用してしまうと、のちの自己破産の手続きで免責等の手続きで問題が生じる場合があります。なぜなら保険会社の契約者貸付は解約返戻金という大事な資産を目減りさせる行為にあたるからです。