スポンサーリンク

自己破産した場合、何年で車のオートローンが組めるのか?

自己破産の申立を行うと、信用情報機関に事故情報として登録されることにより、一定期間新たな借り入れやクレジットカードの作成が事実上できなくなってしまうのが通常です。

▶ 自己破産した場合のデメリットとは?

いわゆる「ブラックリストに載る」と言われるものですが、このように信用情報に事故として登録されたとしても、未来永劫新しい借り入れができないというものではありません。

一定期間が経過すれば信用情報機関の事故情報は消去されますから、その消去された後であれば再び借り入れをしたりローンを組んだりすることも可能です。

では、自己破産した後具体的に何年経てば信用情報機関の事故情報は抹消され新しい借り入れができるようになるのでしょうか?

スポンサーリンク

自己破産の債権者に銀行が含まれていなかった場合

前述したように、自己破産の申立を行った場合には信用情報機関に事故情報として登録されることになりますが、その登録される期間はそれぞれの信用情報機関によって異なっており、消費者金融などの貸金業者やクレジット会社などが加盟する「JICC」や「CIC」などの信用情報機関においては自己破産の事実は5年間、「全国銀行協会」では10年間が登録期間とされています。

登録期間は消費者金融やクレジット会社などからの借り入れについては5年間、銀行などからの借り入れについては10年間とされていますので、5年~10年の間は信用情報機関に「自己破産をした」という情報が存続し続けることになります。

▶ 登録内容と登録期間|日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関

▶ CICが保有する信用情報|信用情報について|指定信用情報機関のCIC

▶ 個人情報の取扱い – 全国銀行協会

この点、自己破産した際の債権者に銀行が”含まれていなかった”場合には、「全国銀行協会」に事故情報が登録されることはなく、「JICC」かもしくは「CIC」にだけ事故情報が登録されることになりますので、自己破産の手続きから5年が経過すれば登録された事故情報は消去されることになります。

したがって、自己破産した際の債権者に銀行が含まれていなかった場合(銀行からお金を借りていなかった場合)には、自己破産の手続きが終了して「5年」が経過すれば、貸金業者やクレジット会社または銀行等の融資するオートローン(自動車ローン)の審査で落とされることは基本的にないものと考えられます。

※ただし、自己破産から5年が経過すれば必ずオートローン(カーローン)の審査に通るというわけではありません。貸金業者やクレジット会社または銀行の融資基準は以前より厳しくなっていますので、その融資基準に達していない場合には自己破産から5年が経過しても審査で落とされることはあり得ます。

自己破産の債権者に銀行が含まれていた場合

一方、自己破産の債権者に銀行が含まれていた場合(銀行から借り入れをしている状態で、または他人が銀行から借り入れた借金の保証人になっている状態で自己破産の申し立てをしていた場合)には、「全国銀行協会」に事故情報として登録されることになりますから、「全国銀行協会」における登録期間の10年が経過しない限り、登録された事故情報は消去されることがありません。

したがって、自己破産した際の債権者に銀行が含まれていた場合には、自己破産の手続きが終了して「10年」が経過しなければ、貸金業者やクレジット会社または銀行等の融資するオートローン(自動車ローン)の審査は通らないものと考えられます。

※ただし、自己破産から10年が経過すれば必ずオートローン(カーローン)の審査に通るというわけではありません。貸金業者やクレジット会社または銀行の融資基準は以前より厳しくなっていますので、その融資基準に達していない場合には自己破産から10年が経過しても審査で落とされることはあり得ます。

なお、このような場合「全国銀行協会」には10年登録されるとしても、「JICC」や「CIC」では5年で事故情報は抹消されるのですから、銀行以外でオートローン(自動車ローン)を組めば審査が通るのではないか、という疑問が生じるかもしれません。

この点、確かに「自己破産の債権者に銀行が含まれていた場合」には「全国銀行協会」に10年登録されるものの「JICC」や「CIC」では5年で事故情報が抹消されますので、「JICC」や「CIC」にしか加盟していない貸金業者やクレジット会社のカーローン(自動車ローン)を申し込めば審査は通るのではないかともおもえます。

しかし、「JICC」や「CIC」と「全国銀行協会」は相互に情報の共有を行っていますから、「JICC」や「CIC」にしか加盟していない貸金業者やクレジット会社のカーローン(自動車ローン)を申請したとしても、「全国銀行協会」に登録されている事故情報が残っている限り、その審査にその事故情報が影響を与えることになります。

したがって、「自己破産の債権者に銀行が含まれていた場合」には、やはり10年が経過して「全国銀行協会」に登録された事故情報が消去されない限り、「JICC」や「CIC」にしか加盟していない貸金業者やクレジット会社にオートローン(カーローン)の申請をしたとしてもその審査は通らないものと考えられます。

信用情報自動車・バイク自己破産
スポンサーリンク
この記事をシェアする
脱・借金コムをフォローする
関連トピックス

弁護士・司法書士事務所の探し方

債務整理を依頼する弁護士や司法書士事務所を探す場合、次の3つの方法が一般的です。

1.弁護士会または司法書士会で紹介してもらう場合

弁護士会や司法書士会で紹介してもらう場合は、各都道府県の【弁護士会】【司法書士会】が主催する無料法律相談会に申込みを行い弁護士や司法書士の紹介を受けるのが一般的です。

2.法テラスで紹介してもらう場合

法テラスで紹介してもらいたい場合は、【法テラス】の主催する無料の法律相談会に参加し、その相談を担当する弁護士や司法書士に依頼を受けてもらうのが一般的です。

3.インターネットで探す場合【PR】

弁護士会や司法書士会、法テラスの主催する法律相談会は予約も多く相談までに時間がかかります。その場合はインターネットの「検索」で依頼したい事務所を直接探すか、ウェブページに表示される「広告」から依頼する事務所を選択するのが一般的な方法になるでしょう。 このうちネットからの無料相談を受け付けている事務所としては、弁護士では【弁護士法人サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)】【おしなり法律事務所】【名村法律事務所】、もしくは【▼借金問題に専門特化!の弁護士法人イストワール法律事務所】などが、司法書士では闇金トラブルを積極的に受任している【ウィズユー司法書士事務所】などが良く知られていると思います。 また、これら以外の事務所を探したい場合は【街角法律相談所】【相談さぽーと】などのサイトから検索することも可能です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
脱・借金コム