任意整理した後でも生命保険や損害保険、火災保険に加入できる?

スポンサーリンク

借金の返済が困難になった場合には、弁護士や司法書士に依頼して任意整理の手続きを行い、債務の減額や利息のカット、分割返済の和解協議をすることによって月々の返済を楽にさせることが可能です。

しかし、この任意整理の手続きも債務整理手続きの一種である以上、当初の契約に違反して支払いを延滞して返済を一時的に停止させ、支払わなければならない利息や遅延損害金の一部を”踏み倒す”ことに代わりありませんから、信用情報機関に事故情報として登録される(いわゆる「ブラックリストに載る」ということ)のは避けられません。

▶ 任意整理した場合のデメリットとは?

信用情報機関に事故情報として登録されてしまうと、その情報は5年間消えることはありませんから、任意整理が終了してから5年間は新たな借り入れが制限されることになります。

ところで、この信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことに関連して、任意整理した場合には生命保険や損害保険、火災保険などの保険に加入することができなくなるのではないか、と不安を抱く多重債務者の人が少なからず存在しているようです。

生命保険など保険の加入に際しては一定の審査がなされることがありますが、任意整理をしたことによって信用情報機関に登録されてしまう事故情報が保険の加入審査に影響してしまうのではないかと懸念されるからです。

では、任意整理で借金を処理した場合、保険に加入することができなくなったり、審査で落とされたりすることが実際にあるのでしょうか?

スポンサーリンク

任意整理しても保険の加入は一切制限されない

結論からいうと、任意整理したとしても生命保険や損害保険、火災保険などの加入に際しては一切制限されることはありませんから、任意整理後に生命保険や損害保険、火災保険等の保険に加入することは可能です。

なぜなら、金融機関から融資を受ける際に行われる「審査」と、保険に加入する際に行われる「審査」は全く性質が異なりますから、任意整理によって信用情報機関に登録された事故情報は、保険の加入審査においては全く影響を及ぼさないからです。

前述したように、任意整理の手続きを行って借金の処理をした場合には信用情報機関に事故情報として登録されてしまいますが、その登録先となる信用情報機関は「JICC」「CIC」「全国銀行協会」の3つのうちのいずれかになります。

そして、「JICC」「CIC」「全国銀行協会」の各信用情報機関に登録された信用情報を照会できるのは「JICC」「CIC」「全国銀行協会」のそれぞれに加入が認められた金融機関に限られますから、「JICC」「CIC」「全国銀行協会」のいずれかに加盟することができない企業や団体は、仮にその登録された信用情報を照会しようと思っても照会を掛けることはできません。

この点、生命保険や損害保険、火災保険などの保険会社は、当然金融機関ではありませんから、「JICC」「CIC」「全国銀行協会」のいずれの信用機関にも加盟することはできませんので、当然、任意整理によって登録された事故情報を照会することも不可能です。

また、そもそも保険会社が保険加入者の審査を行うのは、生命保険であれば過去の病歴や年齢など保険金の支払いに影響のある事項に限られ、過去の借金の有無や借金延滞の有無ではありませんから、過去に任意整理をしたかしていないかという点は、保険の加入審査ではまったく問題にされることはありません。

このように、保険の加入と資金の融資ではその審査内容が根本的に異なっていますし、仮に保険会社が保険加入希望者の過去の借金歴等を照会しようと思っても、信用情報機関に照会を掛けて調べることは不可能ですから、たとえ任意整理をしていたとしても、それを理由に保険の加入が拒否されることはないといえます。

任意整理 生命/医療/学資保険
スポンサーリンク
この記事をシェアする
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
スポンサーリンク
脱・借金コム