弁護士に依頼すれば闇金も簡単に解決すると思い込んでいる君へ

闇金からの借入であっても弁護士や司法書士に依頼すれば簡単に解決してもらえると思っている人は案外多いようですが、それは必ずしも正しくありません。確かに、闇金は弁護士や司法書士に依頼することで100%解決できますが、ある程度の不利益を受けてしまうのは避けられないのです。

時効完成後に債務の一部を弁済してしまった場合

借金は5年または10年の期間借入や返済をしていなければ時効を援用することで消滅させることができますが、時効期間経過後に債務の一部を弁済してしまった場合には「時効援用権の放棄」となって時効の援用が制限されるのが原則です。しかし、弁済した回数や金額が少なかったような場合は時効の援用が認められるケースもあります。

相続放棄による借金の解決法~相続から3カ月経過している場合

亡くなった人の借金について相続人として弁済を求められた場合には相続放棄の手続きを行って請求から逃れることも検討すべきです。相続放棄は「事故のために相続が開始されたことを知った時」から3か月が経過した場合であっても可能な場合があるので注意が必要です。