賃貸契約一覧

自己破産しても賃貸マンションや賃貸アパートを借りれるか?

自己破産や任意整理などの債務整理を行って借金を整理すると賃貸マンションや賃貸アパートの入居審査で落とされてしまうという話を聞くことがありますが、それは本当なのでしょうか?自己破産等の債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、その信用情報が賃貸契約にどのように影響を及ぼすのかが問題となります。

自己破産したら賃貸マンション・アパートの保証人になれない?

自己破産などの債務整理を行って借金を処理した場合、賃貸マンションや賃貸アパートの保証人や連帯保証人になることができなくなってしまうのでしょうか?自己破産などの債務整理を行うと信用情報機関に事故情報として一定期間登録されることから、その信用情報が賃貸借契約にも影響を生じさせるのかが問題となります。

自己破産すると賃貸契約できなくなるか?

自己破産すると賃貸マンションや賃貸アパートの契約ができなくなってしまうのでしょうか?自己破産するとブラックリストに載るといいますので、賃貸契約の際に過去の自己破産が問題となり物件のオーナー(家主)や不動産仲介業者から入居を拒否されてしまうのではないかと思われるため問題となります。

自己破産するとマンションやアパートを借りられなくなる?

自己破産の手続きを行って借金を処理すると賃貸マンションや賃貸アパートの契約ができなくなってしまうのでしょうか?自己破産の申し立てによって信用情報機関に事故情報として登録されてしまうため、その信用情報が賃貸契約の際に影響しないのか問題となります。

任意整理すると賃貸契約の連帯保証人になれなくなる?

任意整理で借金を処理した場合、それ以後に賃貸マンションやアパートの契約をする際に連帯保証人になることはできるのでしょうか?任意整理を行うと信用情報機関に事故情報として登録されてしまう(いわゆる「ブラックリストに載る」)ことから、連帯保証人の審査に通らなくなるのではないかと考えられるため問題となります。