浪費・射幸行為

スポンサーリンク
浪費・射幸行為

自己破産ではギャンブルの事実は隠すべき?隠してもバレる?

パチンコやスロット、競馬競艇競輪などの公営ギャンブルが理由で借金を重ねた人が自己破産する場合、その事実が手続きに負の影響を及ぼすことは避けられません。 なぜなら、自己破産の手続きではギャンブル等の「射幸行為」が免責不許可事由として規定...
浪費・射幸行為

自己破産の手続き中にギャンブルすると免責が下りない?

自己破産の申立てを裁判所に行った場合、裁判所による申立書の審査や裁判官の審問、破産管財人による調査など、様々な手続きが実施されます。 もちろん、自己破産の手続きは刑事裁判ではありませんので、自己破産の申立人が裁判所に身柄を拘束されるわ...
免責

ギャンブルが原因の借金でも自己破産できるか?

借金の返済が困難になった場合、最終的には裁判所に自己破産の申し立てを行い、裁判所から免責(借金の返済義務が免除されること)を出してもらうことによって借金の返済を法的に免除してもらうしか解決の方法はありません。 この点、パチンコやスロッ...
免責

課金ゲームでガチャると自己破産の免責が受けられない?

課金ゲームにはまってしまう人の中には、レアアイテム取得のためガチャを引きまくって借金を重ねてしまったという人も少なからずいるのではないでしょうか。 このようにスマホゲームのガチャが理由で借金の返済が滞ってしまった場合には、最終的には裁...
免責

「遊興費」があると自己破産で免責を受けられない?

自己破産をする際に意外と気になるのが「遊興費」があると免責(借金の返済義務が免除されること)が受けられなくなってしまうのか、という点です。 自己破産の手続きを定めている破産法では「浪費」や「射幸行為(ギャンブルなど)」が免責不許可事由...
免責

ビットコインで作った借金は自己破産できないのか?

ビットコインやモナコイン、リップルなどに代表される仮想通貨は、「決済の簡素化」によって経済活動の簡略化や効率化を促し、取り引きの安全性や安定性を確保することなどに本来的な目的があるのであって、一般に認識されているような「金儲けのための道具」...
免責

ビットコインの購入は自己破産の免責不許可事由にあたるか?

ビットコインを筆頭に、モナコインやリップルなど様々な仮想通貨が発行されている現在では、実際にその仮想通貨を保有し、もしくは商品購入の対価として利用している人も少なくありません。 そうなると当然、多重債務に陥って債務整理をする人の中にも...
浪費・射幸行為

株式投資やFXで作った借金でも自己破産できるか?

自己破産する場合に意外と気になるのが、株式投資やFXなどの投資資金とするために借り入れた借金がある場合に、その借金を自己破産で処理することができるのか、という点です。 ネット証券の利用が一般的になった現在では、株式投資やFXで投資活動...
浪費・射幸行為

自己破産の手続き中に宝くじが当たったらどうなる?

自己破産の申立を行うと、所有する資産(財産)は自由財産として保有が認められるものを除き全て裁判所に取り上げられ債権者への配当に充てられるのが基本的な取り扱いとなります。 自己破産の手続きは借金(負債)の支払いを免除してもらう手続きです...
浪費・射幸行為

「婚活費用」は自己破産で「浪費」と判断されるか?

自己破産の手続きでは、申立人に一定の責められるべき行為があった場合に、裁判所から「免責」という借金の返済を免除する決定を受けられなくなってしまう「免責不許可事由」が定められています。 この免責不許可事由には様々なものがありますが、最も...
スポンサーリンク