債務整理全般

債務整理全般

おまとめローンを利用する前に考えておきたい2つのこと

銀行などが盛んに広告している商品の中に「借金の一本化」を謳ういわゆる「おまとめローン」と呼ばれるものがあります。 この「借金の一本化」を促す「おまとめローン」は、複数の金融機関から借り入れた借金を一つの金融機関からの借金にまとめること...
債務整理全般

給料の差し押さえがあまりお勧めできない理由

友人にお金を貸したものの返してくれない場合、皆さんはどのように対処するでしょうか? 口頭で「返して」と頼むだけで解決すればよいですが、それでも返してくれない場合は裁判手続きを利用して回収を図ることも考えなければならないかもしれません。...
保証人・連帯保証人

債務整理をすると保証人や連帯保証人もブラックリストに載る?

借金の返済が困難になった場合には、早めに弁護士や司法書士に相談して債務整理の手続きに速やかに着手してもらうことが必要です。 なぜなら、借金トラブルは虫歯と同じで放置してもよくなることはないからです。 (まあ、時効によって債務が消...
債務整理全般

経営者が夜逃げ・計画倒産したら従業員はどうするべき?

スタグフレーションに陥っている今の日本では、今後も企業の倒産は増えていくものと思われます。 破綻してしまった企業や個人事業主は、自ら破産手続きを申し立てて事業を清算し、顧客や債権者に与える損害を最小限に抑えるべきですが、中には自分の資...
住宅/教育ローン

離婚する場合、結婚期間中に作った借金はどうなるの?

何らかの事情で夫婦が離婚する場合、その離婚の話し合いをする段階で、結婚期間中に作った借金が問題になるケースがあります。 たとえば、「妻」が買い物に使用するために車が必要になり「妻」のために軽自動車をローンで購入することになったものの、...
債務整理全般

生活保護の受給者が借金を返済すると何が問題か?

生活保護受給者が借金の整理を行う場合には、自己破産で処理するしかありません。 なぜなら、個人再生や特定調停、任意整理といった自己破産以外の債務整理手続きでは残りの残債務について3年程度の分割弁済が必要になりますが、生活保護の支給を受け...
債務整理全般

弁護士や司法書士から債務整理を断られたら懲戒請求できる?

借金の返済が困難になった場合には、早めに弁護士や司法書士に相談して債務整理の手続きを取らなければなりません。 特に、ある債権者に対する返済を行うために他の債権者から借り入れを行うというように借り入れを回し始めると、借金は雪だるま式に増...
債務整理全般

夫(妻)が債務整理すると妻(夫)も信用情報機関に登録される?

債務整理の手続きには、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の四種類が用意されていますが、いずれの手続きをとったとしても信用情報機関に事故情報として登録されることは避けられません。 債務整理の手続きは弁護士または司法書士に依頼して手続...
債務整理全般

相続放棄による借金の解決法~相続から3カ月経過している場合

まれに、ある日突然貸金業者から「亡くなられた〇〇さんの借金が○万円未払いになっていますので相続人として直ちに支払ってください」などという通知や電話が来るケースがあります。 これは、親族の誰か(親や子、兄弟、親類など)が借金を返済しない...
債務整理全般

債務整理したことが勤務先にバレてしまう場合とは?

債務整理には「任意整理」「特定調停」「自己破産」「個人再生」の4種類の手続きが用意されていますが、これらの手続きはいずれを選択したとしても基本的に勤務先の会社に知られてしまうことはありません。 なぜなら、借金の整理はその借金の相手方(...