費用/報酬の支払い

管財事件・破産管財人

管財人費用(引継予納金)の分割納付は認められるのか?

自己破産の申立人にある程度の資産がある場合には、配当に関する手続きを取り行うために裁判所から破産管財人が選任される「管財事件」として処理されるのが通常です。 また「浪費」や「射幸行為」あるいは「資産隠し」など何らかの不正な態様が認めら...
自己破産

自己破産の費用は分割払いができるのか?

自己破産の申し立てを予定している人のほとんどの人が不安になるのが、自己破産の手続きに必要な費用を分割で支払うことができるのか、という点です。 自己破産の費用には、手続きを弁護士や司法書士に依頼する場合に必要となる「【1】弁護士・司法書...
弁護士・司法書士

自己破産の費用が払えない場合はどうしたらいいの?

自己破産しなければならないほど借金の返済が困難になっていても「自己破産するお金がないから自己破産できないんだ」と言って借金を放置し、余計に負債を膨らませてしまう人がいます。 このような人はおそらく、弁護士や司法書士に支払う必要のある報...
弁護士・司法書士

自己破産の弁護士・司法書士費用で必ずチェックすべき点とは?

弁護士や司法書士に自己破産を依頼する場合に一番気になるのが、「その事務所に依頼したらいったいいくらお金を取られるのか」といった「費用」に関する事項です。 弁護士や司法書士に自己破産の手続きを依頼する場合には「なるべく優秀な弁護士・司法...
自己破産

「自己破産」と「夜逃げ」はどちらが得か?

ごくまれに「自己破産するぐらいだったら夜逃げした方がマシだ」と言う人がいるようです。 このような人はおそらく、自己破産の申し立てをすることで裁判所に財産を取り上げられたり、手続きを依頼する弁護士や司法書士に高額な報酬を支払うことが、金...
弁護士・司法書士

弁護士・司法書士に依頼しないで自己破産すると得?それとも損?

自己破産の申し立てを考えている人の中には、弁護士や司法書士に依頼せずに自分自身で申立書を作成し、裁判所に提出して手続きを進めることができないか、と考えている人も少なからずいるのではないかと思われます。 自己破産を弁護士や司法書士に依頼...
生活保護受給者

生活保護受給者は無料で自己破産できるという話

生活保護を受給している人が多重債務に陥っている場合には、自己破産で処理するしかありません。 なぜなら、生活保護の支給を受ける必要があるということは、自分の生活を賄うだけの収入がないということであって、債権者に返済していくだけの返済原資...
管財事件・破産管財人

破産管材人の管財費用(引継予納金)を払えない場合どうなる?

自己破産の申立を行うと、裁判官が「同時廃止」で処理するか「管財事件」として処理するか判断し、事件を振り分けることになります。 仮にこの場合、裁判官が「同時廃止」で処理すると判断した場合は、裁判官が破産手続きの「開始決定」を出すのと同時...
弁護士・司法書士

お金がない人が自己破産するには?(法テラスの民事法律扶助)

借金の返済が困難になった場合には、裁判所に自己破産の申し立てをすることによってその全ての債務の支払いを免除してもらうことが可能です。 このように、自己破産は借金に苦しむ人にとって最終的なセーフティーネットとなるわけですが、問題はその手...
自己破産

自己破産の事務所選び…「安ければ良い」は正しいか?

弁護士や司法書士に自己破産の申立を依頼する場合、事務所によっても異なりますが、その費用は20万円から50万円になるのが一般的な相場です。 確かに、自己破産の申し立ては法律の専門的知識を必要とするものであり、法律の専門家である弁護士や司...