免責一覧

ビットコインの購入は自己破産の免責不許可事由にあたるか?

ビットコインなどの仮想通貨を購入した人が自己破産する場合、その仮想通貨の購入は免責不許可事由として問題になることがあるのでしょうか?仮想通貨は相場が存在し大きな損失を出すこともありますので、自己破産における資産関係にどのような影響を生じさせるのかが問題となります。

生命保険の契約者貸付を利用すると自己破産の免責が下りない?

自己破産の手続きに入る直前に生命保険や医療保険会社が提供している「契約者貸付」を利用してしまうと、のちの自己破産の手続きで免責等の手続きで問題が生じる場合があります。なぜなら保険会社の契約者貸付は解約返戻金という大事な資産を目減りさせる行為にあたるからです。

自己破産で免責された借金を請求されてないのに返済できるか?

自己破産で免責を受けた後、何らかの事情でお金に余裕ができた場合には、その免責で返済義務が免除された借金を返済することができるのでしょうか?自己破産の債権者に友人や親族が含まれていた場合には、お金に余裕ができた時点で迷惑をかけた償いをしたいと思うケースもあると考えられるため問題となります。

借金は自己破産する前にできる限り返済すべきなのか?

自己破産しなければならないほど借金が膨れ上がっているにもかかわらず、すぐに弁護士や司法書士に相談せずに無理をしてギリギリまで返済を継続してしまう人がいますが、それはあまり推奨できません。なぜなら、そのような無理を重ねた返済に、積極的に推奨されるべきメリットは存在しないからです。

自己破産でうっかり偏波弁済してしまいがちな3つのケース

自己破産の手続きでは一部の債権者に優先的に返済を行う「偏波弁済」が禁止されていますが、特定の状況では自分が特に意識しないまま「ついうっかり」偏波弁済をしてしまうケースが見受けられます。ここでは、そういった「ついうっかり」偏波弁済してしまう代表的な3つのケースについてご紹介することにいたしましょう。

自己破産で一部の債権者だけを除外することはできるか?

自己破産の申し立てをする場合、一部の債権者の債務だけを除外して手続きを進めることは可能でしょうか?勤務先から借り入れがあったり親が保証人になっているような債務がある場合には、その勤務先や親が保証人になっている債権者だけを自己破産から除外して手続きを進めたいと思うこともあるため問題となります。