お金を貸した相手に自己破産されたら泣き寝入りするしかないの?

友人や親族にお金を貸している場合であっても、そのお金を借りた友人や親族が自己破産してしまった場合には、貸したお金を返してもらうことができなくなってしまいます。

このような場合、貸したお金を自己破産という手続きによって合法的に「踏み倒される」わけですから、たいていの人は到底納得できないのが正直な心情でしょう。

そのため、お金を貸した側の人は、「自己破産されたら泣き寝入りするしかないのか?」と疑問に思うわけです。

では、お金を貸した側の人は本当に泣き寝入りするしかないのかないのでしょうか?

広告

泣き寝入りするしかないのが実情だが、泣き寝入りというのは適当ではない

結論からいうと、お金を貸している相手が自己破産した場合には、お金を貸した側の人は「泣き寝入り」するほかありません。

自己破産の手続きで裁判所から免責が出されると、債権者はその自己破産をした人(破産者)に対して直接債権を請求することができなくなりますから、法的に貸付金の返還を求めることができなくなってしまいます。

ですから、お金を貸した側の人は「泣き寝入り」するしかないのが実情なのです。

もっとも、だからといってそれを「泣き寝入り」と言って良いのかは疑問です。

なぜなら、自己破産は債務者が抱える負債(借金)の返済を免除(免責)する手続きではあるものの、それと同時に債務者が保有する資産を債権者で平等に分配する清算手続きを有しているからです(破産法第1条)。

【破産法第1条(目的)】

この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

自己破産の手続きを規定した破産法という法律では、このように「債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図る」ことが目的の一つとされていますので、債務者に何らかの資産(財産)があるのであれば、その資産(財産)は強制的に売却され、その売却代金が債権者に平等に分配されることになります。

ですから、確かに貸したお金の全額は返ってこないにしても、債務者が保有する資産(財産)の範囲ではいくばくかのお金を回収することはできるわけですから「泣き寝入り」とまではいえないのではないかと思います。

自己破産という制度がなければ知識と経済力に優る債権者に債務者の資産(財産)を独占されてしまう

また、仮に自己破産という制度自体がなかったとしたら、法律の知識と人的資源に勝る債権者に債務者の資産(財産)を独占されてしまう点も考えなければなりません。

前述したように、自己破産の手続きでは「債権者その他の利害関係人の利害」を「適切に調整」することも目的の一つとして定められていますので、自己破産のという制度があるがゆえに、個人の債権者にも平等に債務者の資産(財産)から配当を受けることができるということができます。

なぜなら、仮に自己破産という制度がなかったら、顧問弁護士と契約し債権回収の部署に豊富な人員を配置した大手の貸金業者がいち早く債務者の資産(財産)を差し押さえて自社の債権だけを優先的に回収してしまうのは目に見えているからです。

たとえば、友人や親族にお金を貸している場合、そのお金を借りている友人や親族が一般の金融機関などからも借金をしている場合には、人的資源に勝る金融機関がいち早く資産(財産)を差し押さえてしまうため、その友人や親族が保有している資産(財産)から一切配当を受けることができなくなってしまうでしょう。

そうすると、大手の金融機関が損失を軽減させることができる一方で、金融機関より弱い立場にある一般の債権者はそれこそ「泣き寝入り」しなければならなくなってしまうでしょう。

このように、自己破産の手続きは「債権者その他の利害関係人の利害」を「適切に調整」することに意義があるわけですから、考え方によっては弱い立場にある債権者を「泣き寝入り」することから救済するための制度ということが言えますので、「自己破産されたら泣き寝入りするしかないのか?」という疑問を持つこと自体、的を射ていない疑問であるということが言えます。

最後に

以上のように、自己破産というと「債務者を保護するためだけ」の「債務者寄り」の制度だと思われがちですが、その本質は「債権者を保護するための制度」という側面も有しているのがわかります。

「自己破産されたら泣き寝入りするしかないのか?」という不満があるのは分かりますが、自己破産の手続きがなかったとすれば、一部の債権者に債務者の資産(財産)を独占され、かえって「泣き寝入り」しなければならなくなってしまうわけですから、「自己破産されたら泣き寝入りするしかない」という意見は必ずしも適当とは言えないという点は理解しておくべきではないかと思います。

広告

フォローする

広告

弁護士・司法書士事務所の探し方

債務整理を依頼する弁護士や司法書士事務所を探す場合、次の3つの方法が一般的です。

1.弁護士会または司法書士会で紹介してもらう場合

弁護士会や司法書士会で紹介してもらう場合は、各都道府県の【弁護士会】【司法書士会】が主催する無料の法律相談に申込みを行い、その相談会で弁護士や司法書士を紹介してもらうのが一般的です。

2.法テラスで紹介してもらう場合

法テラスで弁護士や司法書士を紹介してもらいたい場合は、【法テラス】の主催する無料の法律相談会に参加し、その無料相談を担当する弁護士や司法書士に依頼を受けてもらうのが一般的です。

3.インターネットで探す場合【PR】

弁護士会や司法書士会、法テラスの主催する法律相談会は予約も多く相談までに時間がかかります。その場合はインターネットの「検索」で依頼したい事務所を直接探すか、ウェブページに表示される「広告」から依頼する事務所を選択するのが一般的な方法になるでしょう。

このうち、インターネットからの相談を受け付けている事務所としては、弁護士事務所では【弁護士法人サンク総合法律事務所(旧樋口総合法律事務所)】【おしなり法律事務所】または【名村法律事務所】が、司法書士事務所では【▼借金問題に専門特化!のジャパンネット法務事務所】などが良く知られていると思います。

また、これら以外の事務所を探したい場合は【街角法律相談所】【相談さぽーと】などのサイトから検索することも可能です。