犯罪・刑罰一覧

自己破産直前のビットコイン購入が絶対にNGの理由

自己破産の申し立てをする前、もっと言えば借金の返済が困難になって弁護士や司法書士に相談しようと思った時点以降は、絶対にビットコインなどの仮想通貨を購入してはいけません。なぜなら後の自己破産の手続き上で「詐欺破産罪」として処罰されてしまう可能性があるからです。

自己破産前の借り入れが絶対にダメな理由

ごくまれに、自己破産の申し立て直前であったり、弁護士や司法書士に相談する直前に債権者から多額の借り入れをしてしまう人がいますが、そのような行為は絶対にしてはいけません。なぜなら、そのような自己破産直前の借り入れは免責不許可事由になるだけでなく詐欺破産罪や詐欺罪など重大な刑事責任を問われる結果となる恐れがあるからです。

お金を貸した元カレが自己破産した後に会いに行くと逮捕される?

お金を貸していた元カレ・元カノが自己破産してしまった場合には、その元カレや元カノに会いに行かない方が無難です。なぜなら、仮に会いに行った際に「お金を返して!」と口走ってしまうと、警察に逮捕されて「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」に処せられてしまう可能性があるからです。