闇金に銀行口座を譲り渡すと振り込め詐欺被害者から訴えられる?

闇金から銀行の通帳やカードを譲り渡すよう要求されることがありますが絶対に応じてはいけません。なぜならそれに応じてしまうと、その口座が闇金や振り込め詐欺に利用され、「詐欺の共犯」にさせられてしまうだけでなく、その闇金や振り込め詐欺の被害者から被害金額を返還するよう訴えられてしまう可能性があるからです。

破産管材人の管財費用(引継予納金)を払えない場合どうなる?

自己破産の手続きが管財事件で処理されることになった場合、破産管財人の報酬等(管財費用・引継予納金)の納付を裁判所に求められますが、この管財費用(引継予納金)を定められた期日までに納付できない場合にはどうなってしまうのでしょうか?

自己破産ではどんな場合に管財事件になるの?

自己破産の申立を行った場合、具体的にどのような案件であれば「管財事件」として処理されるのでしょうか?同時廃止でなく管財事件として処理されると管財費用や手続期間のなどの面で大きな不利益が生じるため具体的にどのようなケースで管財事件となるのかをあらかじめ知っておくことも意義があると考えられるため問題となります。

闇金は何故いつまで経っても無くならないのか?

電柱の張り紙やダイレクトメール、郵便受けに投函されるチラシなど、闇金が顧客を勧誘する広告は街のいたる所で目にすることができます。しかし、なぜ闇金は違法な犯罪行為なのに、いつまでたっても根絶することがないのでしょう?いったいいつになったら闇金はこの世からいなくなるのでしょうか?

自己破産の手続中に受け取るボーナスは裁判所に取り上げられる?

自己破産の申立を行った場合、勤務先の会社から支給されるボーナス(賞与)も裁判所に取り上げられてしまうのでしょうか?ボーナス(賞与)は給料と同様に生活していくうえで重要な収入となりますので、それを取り上げられてしまうと生活が著しく困難になる可能性もあるため問題となります。

自己破産では何回ぐらい裁判所に行かなければならないか?

自己破産の申立を行った場合、具体的に何回程度裁判所に行かなければならないのでしょうか?また、自己破産の手続きは弁護士や司法書士に依頼するのが一般的ですが、弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合とで裁判所に行く回数に違いが生じたりするものなのでしょうか?

自己破産に回数制限はあるのか?

自己破産の手続きには回数制限が設けられていないのでしょうか?2度3度と自己破産を繰り返すことを認めると、安易な自己破産を認めることになりモラルハザードを起こすのではないかと思われるため問題となります。