自己破産の申立後に通販の支払いをしても良いか?

自己破産の申立前に通販で購入した商品の請求書が自己破産の申立後に届いた場合、その支払いをしても構わないのでしょうか?自己破産の手続きではすべての支払いを停止する必要がありますが、申立後に届いた分については支払っても良いように思われるため問題となります。

自己破産すると妻(夫)の貯金も取り上げられてしまうのか?

自己破産の申し立てをする場合、夫が自己破産する場合には妻の、妻が自己破産する場合に夫の貯金が取り上げられてしまうことはあるのでしょうか?夫婦の貯金は全て共有の資産(財産)と判断されて裁判所に取り上げられてしまうのではないかという不安が生じてしまうため問題となります。

自己破産すると賃貸契約できなくなるか?

自己破産すると賃貸マンションや賃貸アパートの契約ができなくなってしまうのでしょうか?自己破産するとブラックリストに載るといいますので、賃貸契約の際に過去の自己破産が問題となり物件のオーナー(家主)や不動産仲介業者から入居を拒否されてしまうのではないかと思われるため問題となります。

事故の加害者が自己破産した場合、損害賠償債務も免責される?

交通事故などの加害者が自己破産する場合には、その事故によって負担した損害賠償債務も免責で支払い義務を逃れることになるのでしょうか?また、故意に他人の持ち物を壊したしまったような場合にも自己破産の免責でその損害賠償債務を逃れることができるのでしょうか?

銀行預金は自己破産の申立前に全額引き出すべきなのか?

自己破産の申し立てを行う場合、預金口座に20万円以上の残高がある場合には申立前に引き出しておくべきでしょうか?預金については20万円を超えた残高がある場合にはその全額が裁判所に取り上げられるのが原則ですが、申立前に引き出せば取り上げられるのを防ぐことができると思われるため問題となります。

自己破産で生命保険の返戻金が20万円未満でも解約される場合

自己破産の手続きでは、解約返戻金の金額が20万円を超えている生命保険がある場合には破産管財人によって強制的に解約されその払い戻された返戻金が債権者への配当に充てられるのが原則ですが、例外的に解約返戻金の金額が20万円を超えていない場合であっても、その生命保険が強制的に解約させられるケースがあります。