生命保険・医療保険等一覧

自己破産で生命保険の返戻金が20万円未満でも解約される場合

自己破産の手続きでは、解約返戻金の金額が20万円を超えている生命保険がある場合には破産管財人によって強制的に解約されその払い戻された返戻金が債権者への配当に充てられるのが原則ですが、例外的に解約返戻金の金額が20万円を超えていない場合であっても、その生命保険が強制的に解約させられるケースがあります。

自己破産で生命保険が解約される場合と解約されない場合

自己破産の手続きを行うと、契約している生命保険は破産管財人によって強制解約され、その解約返戻金が債権者に分配(配当)されるのが通常ですが、解約返戻金の金額や他の資産の金額などによっては破産管財人の換価の対象にならないケースもあります。

自己破産すると医療保険やがん保険は解約させられるの?

自己破産の申立を行った場合、契約している医療保険やがん保険は強制解約されてしまうのでしょうか?医療保険やがん保険は自己破産者の健康を支える保険であるため経済的再生に不可欠な面がありますが、解約返戻金がある場合は債権者に分配(配当)する必要もあると考えられるため問題となります。

任意整理した後でも生命保険や損害保険、火災保険に加入できる?

任意整理をした場合には、その後に生命保険や損害保険、火災保険などの保険に加入する際に審査で落とされたり何らかの影響が生じてしまうのでしょうか?任意整理をすると信用情報機関に事故情報として登録され新たな借り入れが制限されることになりますが、保険の加入に際しても審査が行われるためその信用情報機関に登録された事故情報が影響しないのかが問題となります。

任意整理すると生命保険は強制解約させられる?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、生命保険は強制解約させられたり債権者から弁済に充てるよう請求されたりするものなのでしょうか?生命保険の契約期間によっては多額の解約返戻金が発生していることもあるため、その解約返戻金を返済に充当しなければならないのかという点が問題となります。