時効一覧

時効完成後に債務の一部を弁済してしまった場合

借金は5年または10年の期間借入や返済をしていなければ時効を援用することで消滅させることができますが、時効期間経過後に債務の一部を弁済してしまった場合には「時効援用権の放棄」となって時効の援用が制限されるのが原則です。しかし、弁済した回数や金額が少なかったような場合は時効の援用が認められるケースもあります。