携帯電話一覧

警察署長に携帯電話契約者確認要求を求める申入書の記載例

このページでは、警察署長に対して「携帯電話契約者確認要求」を求める場合の申入書の記載例を公開しています。この申入書の提出により、警察署長から携帯電話会社に携帯電話契約者確認要求がなされ、携帯会社が闇金が利用する携帯電話の契約者確認(本人確認)をすることによって闇金の利用する携帯電話の強制解約に繋がります。

闇金が利用している携帯電話を強制的に解約させてしまう方法

闇金が請求や嫌がらせの電話を止めない場合には、闇金の利用する携帯電話を強制的に解約させることも考えるべきです。警察署長にその犯罪事実を申告することで携帯電話会社に対して「携帯電話契約者確認要求」が行わせ、携帯電話会社にが本人確認を行うことにより闇金が使用している携帯電話を強制解約させることが可能です。

任意整理すると携帯電話は使えなくなる?

任意整理をした場合には信用情報機関に事故情報として登録されいわゆる「ブラックリスト」に載ることになりますが、そのことで使用している携帯電話が使用できなくなるなどの問題は発生してしまうものなのでしょうか?また、任意整理後に新しく携帯の契約をする場合や機種変更する場合には何らかの問題が生じるのでしょうか?